×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  2014年 フランス研修

2014年 フランス研修

2014年 フランス研修

2014年 フランス研修

フランス研修1日目

香りの街といわれている南フランスにあるグラ―スを訪問。
調香師養成学校ASFOに行き、調香師を目指す生徒たちの授業風景の見学や担当者と話をした後、
香料会社にて調香の実習を行う。
その後、国際香水博物館を訪問、またグラ―スを離れて香料植物が栽培されている香料植物園を見学。

2014年 フランス研修
フランス研修2日目

練り香水で有名な香料会社の工場を訪れ、練り香水が機械で詰められている様子や香水が創られていく過程を見学。
その後、スミレの街として知られるトゥレットシュルルを訪れる。
季節外れのため栽培の様子を見学することは出来なかったが、スミレの香水やジャム等、日本では珍しいスミレの商品を見る。

2014年 フランス研修
2014年 フランス研修
フランス研修3日目

アヴィニョンを出発してラベンダーミュージアムへ行く。
ラベンダーの精油を抽出する機械や古代からの様々な蒸留器があり、ラベンダーの精油を抽出する過程の映像を見る。
その後、ラベンダーが辺り一面に広がる標高800メートルのところにあるソー村を訪れ、また香料としても使用されているエニシダが群生している様子を見学し、香りを体感する。

2014年 フランス研修
フランス研修4日目

パリへ行き、蚤の市やパリに古くからあるパサージュを訪れ、香りの古書やアンティーク香水、フランスならではのセンスのキャンドル等の香りの雑貨を販売するお店を散策し、フランスと日本の生活の中での香水の文化の違いを再発見する。
その後、最新の香水市場を調査するため、パリにあるギャラリー・ラファイエット等に立ち寄る。日本でもお馴染みのクリスチャン・ディオールやシャネル等の有名ブランドの日本ではまだ発売されていない香水や、日本未入荷のブランドの香水の数々を試香する。

2014年 フランス研修
フランス研修5日目

前日に続き、香水のグランドメゾンとして知られるシャンゼリゼ通りにあるゲラン本店や香水の品揃えが豊富なセフォラ等の香水店を見学。

2014年 フランス研修

2022-03-10 18:42:52

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント